「ROMA」のあらすじと感想は?アカデミー外国映画賞、監督賞、撮影賞に輝く白黒映画。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ROMA」
(アメリカ・メキシコ合作)
2019年3月9日公開(135分)

アカデミー外国映画賞、
監督賞、撮影賞に輝く
メキシコ舞台の白黒映画。

70年代初頭の
メキシコシティ
ローマ地区。

医者の夫アントニオと
妻ソフィア、

彼らの4人の子どもたちと
祖母が暮らす中産階級の
家で家政婦として働く
若い女性クレオは、

子どもたちの世話や
家事に追われる
日々を送っていた。

そんな中、

クレオは同僚の恋人の
従兄弟である青年
フェルミンと恋に落ち、
妊娠していまう。

一方、
アントニオは長期の
海外出張へ行くことになるが、
それは不倫旅行だった。。。。。

2

なぜ、
これをNetFlixのような
TVにかけるのか、

アルフォンソ
・キュアロン監督の
真意がわからない。

これは映画であって、
TVではない。

なぜなら、
空を飛ぶ小さな飛行機の
映像が繰り返されたり、

駐車場にいくつも
ころげている犬の糞など、

映画館でなければ
わからないし、

それらが非常に
重要はインパクトを
与えているからである。

監督自身の自叙伝的
作品らしいが、
映像美は文句なく、

映画館で上映していれば
作品賞も撮れた傑作。

家の中でも、
外でもカメラが横に
動いていくシーンを多用、

映画の広がりに
面白いインパクトを
与えている。

家政婦クレオを通して、
自分の家族を
見る作品だが、

細かいエピソードが
インパクトも強く、
映画として絶賛したい。

TVで見る人は
早送りしてしまう
ような作品だが、

映画館で見れば、
その凄さに納得がいく
芸術性の高い作品。

映画館で見るなら、
超お薦めしますが、

TVならやめた方が
いいでしょう。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 4
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。