「バンブルビー」のあらすじと感想は?「トランスフォーマー」が地球に来る前の前日譚を描いたSFアクション。

この記事は1分で読めます

3

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「バンブルビー」
2019年3月22日公開(114分)

「トランスフォーマー」が
地球に来る前の前日譚を
描いたSFアクション。

1987年、
カリフォルニア。

18歳の少女チャーリー
(ヘイリー・スタインフェルド)は
父を亡くし居場所がなく、
孤独な毎日を過ごしていた。

ある日彼女は、
海沿いにある小さな
廃品置き場で1台の
黄色いボロボロの車を見つける。

3

 

彼女は、
この車をバンブルビーと
名付けて直そうとするが、
それは普通の車ではなかった。

サイバトロンとの戦いで
宇宙からやってきた
金属生命体だったのだ。。。。。。

2

少女と可愛い
バンブルビーが
主人公ということで、

これまで男性が
見に行くイメージの
強かった同シリーズを

女性と子供に
目を向けさせた作品。

さらに設定が80年代で、
当時のヒット曲が
オンパレード。

声帯を壊され
しゃべれない
バンブルビーは、

ラジオのヒット曲を
使って会話をする
設定はうまい。

 

二人の交流を
描くだけでなく、

アクションシーンも、
シリーズならではの
ど派手な展開となるので、

男性ファンにも
申し分ないバランス感覚。

コーエン兄弟の
「トルゥーグリッド」に
出ていた女の子が、

こんなに大人になって、
誰が見ても楽しめる
SFエンタメです。

超お薦めします。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。