「記者たち:衝撃と畏怖の真実」のあらすじと感想は?イラク戦争時、真実を追い続けたジャーナリストを描くドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「記者たち
:衝撃と畏怖の真実」

2019年3月29日公開(91分)

イラク戦争時、
真実を追い続けた
ジャーナリストたちを描く
社会派ドラマ。

2002年、

アメリカのジョージ・W
・ブッシュ大統領は
大量破壊兵器の保持を
理由にイラク侵攻に
踏み切ろうとしていた。

アメリカ中のメディアが
政府の情報を前提に
報道する中、

地方新聞社を傘下に持つ
ナイト・リッダー社
ワシントン支局の記者

ジョナサン・ランデー
(ウディ・ハレルソン)と

ウォーレン・ストロベル
(ジェームズ・マースデン)は、

その情報に疑念を抱き
真実を報道するため
取材を進める。。。。。。

2

「ポスト」や
「NYタイムズ」など
大手メディアも
政府支持に傾く中、

世の大勢と別の報道をする
小さな新聞社の
真実を描いた佳作だが、
テンポよく面白い。

タイトルの「衝撃と畏怖」
というのは、

アメリカの
イラク進攻作戦名で、

フェイク・ニュースを
流すことで、

イラク進攻の理由を
確立した政治家たちと

真実を求めた無名の
新聞記者たちの

ジャーナリスト魂を
見せてくれる。

4

監督は
「スタンド・バイ・ミー」
などの名匠ロブ・ライナー。

「スリービルボード」
でアカデミー賞
ノミネートのハレルソンや

「Xメン」のサイクロプスの
マースデンの他にも、

トミーリージョンズ
ミラ・ジョボビッチなど豪華。

90分と短いし、
事前にちょっと柔らかい

「バイス」を見て
勉強しておくと、

尚一層、楽しめる良作は、
超お薦めです。

日本でこんな気骨のある
ジャーナリストは
いるのかと思いたくなる

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 4
  3. 1
  4. 3
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。