「レプリカズ」のあらすじと感想?!事故で家族を失いクローンで蘇らせた科学者の悲喜劇SF。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「レプリカズ」
2019年5月17日公開(107分)

事故で家族を失い
クローンで蘇らせた
科学者の悲喜劇SF。

人間の意識を
コンピューターに
移行させる実験を続け、

成功目前まで近づいた
神経科学者のウィリアム
・フォスター(キアヌ・リーヴス)は、

大雨の中の事故で
家族を失ってしまう。

深い悲しみの中、
彼は家族の死体を運び、

クローンを作り出し、
そのなかに彼らの意識と
改ざんした記憶を移し替える。

そして
今までと変わりない
生活を送ろうとするが、

実験の動向をチェックしていた
政府の組織がサンプルとして
家族を奪おうと画策していた。。。。。

2

3

どこかで聞いたような
ストーリーであるが、

キアヌだよりの作りで、
目新しさはない。

キアヌは自身が製作にも
関わっているが、

安直な先が読める
展開のSFでは、
客は呼べない。

ロボットのCGも
「アイ、ロボット」の時代に
戻ったようで、お粗末。

4

キアヌファンでも、
「マトリックス」後の
スランプから

「ジョン・ウイック」
シリーズで復活してきた彼に
期待していただろうから、

ちょっとね、
と言いたくなる。

ハリウッド脚本なら、
もうひとひねりする所が、

何もなかったので、
SF初心者か中学生まで
にしかお薦めしにくい作品。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 8
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。