「凪待ち」のあらすじと感想?!人間の悪を描かせたら最高の白石監督の人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「凪待ち」
  (PG-12)
2019年6月28日公開(124分)

人間の悪を描かせたら最高の
白石監督の人間ドラマ。

木野本郁男(香取慎吾)は
ギャンブル中毒の超だめ男。

恋人の亜弓(西田尚美)との
約束でギャンブルをやめ、

亜弓の娘の美波(恒松祐里)と
共に亜弓の故郷である
宮城県の石巻に移住し、

おじの小野寺(リリー・フランキー
の紹介で印刷会社で働き始める。

しかし、
同僚からの誘いでまた、
自転車を始めてしまう。

そんなある日、
亜弓とけんかした美波が
家に帰らず、
亜弓はパニックになる。

亜弓を落ち着かせようとした
郁男は亜弓に激しく非難され、
彼女を突き放してしまう。

その夜、
亜弓が殺される。。。。。

2

新天地で再生を
図ろうとするが、

再びギャンブルにはまり、
泥沼地獄になっていく。

そこにパートナーの
死がからみ、

くずのような人間が、
さらに落ちていく。

それを香取君が見事に演じ、
殺人事件ミステリーでなく、

今年最大のインパクトのある
人間ドラマをあぶりだしている。

4

凶悪」「日本で一番悪い奴ら」
「孤狼の血」と悪人を描くのに
卓越した白石監督の本領発揮の作品。

とにかく、
重たい映画で、

ろくな人間は出てこないので、
見る方を選びます。

また、
カメラも結構動きますし、
暴力シーンもあります。

今、一番乗ってる監督の
傑作を見たい方は是非。

娘役の恒松祐里には、
今後注目。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。