「デストラクションベイビーズ」のあらすじとネタバレ?!暴力に取りつかれた若者を描く問題作。

この記事は1分で読めます

4

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「デストラクション
ベイビーズ」

  DVD鑑賞  R-15
2016年5月21日 公開(106分)

暴力に取りつかれた
若者を描く狂気の問題作。

愛媛県のこぢんまりとした
港町・三津浜の造船所に
2人で生活している芦原泰良
柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。

けんかばかりしている
泰良はある日
突然三津浜を後にし、

松山の中心街で相手を
見つけてはけんかを
吹っ掛けていく。

そんな彼に興味を抱いた
北原裕也(菅田将暉)が近づき、

通行人に無差別に
暴行を働いた彼らは、

奪った車に乗り合わせていた
少女・那奈(小松菜奈)を誘拐し、

一緒に松山市外へ向かう。。。。。

4

主人公が破滅に向かう映画は
たくさんあるが、

道歩く人に喧嘩を
吹っかけて行く映画は初めてだ。

特別に強いわけではないが、
ボコボコにやられながらも、
また次のストリートファイトに移る。

観客は次々に起こる
暴力シーンを見せられ、

逃げ場が無くなるため、
映画の良しあしの判断は
大きく分かれるところ。

ただし、
今をときめく有望若手俳優を
揃えた映画の持つ熱量は多く、

特に柳楽は、
化け物とも呼べる
人物を演じきった。

監督は「宮本から君へ」でも、
暴力的な愛を描いた
真利子哲也。

タイトルの
『ディストラクション』とは、

『Distraction(気晴らし、動揺)』
と『Destruction(破壊)』という
類似する発音で2つの意味を
持たせたらしい。

キネマ旬報をはじめ
各映画賞を受賞した作品は、

ブラピの「ファイトクラブ」
とは違う、意味のない暴力を
描いた期待どおりの出来栄えで、

超お薦めしたい。

ただし、
ぶっ飛び系がだめな人は
控えた方がいいかも。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 2
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。