「ステップ」のあらすじとネタバレ?!シングルファザーと娘の10年を描く感動作。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ステップ」
2020年7月17日公開(118分)

重松清の原作を映画化した
シングルファザーと娘の感動作。

妻(川栄李奈)を亡くした
30歳の健一(山田孝之)に、

妻の両親が幼い娘
・美紀を引き取ろう
と提案するが、

健一は自分で
育てることを決断。

亡き妻との思い出のある家で、
育児に励む日々が始まる。

健一はシングルファーザーとして、
職場や保育園などで、

さまざまな壁に
ぶつかりながら、
子育てに奮闘する。。。。。。

画像2

重松作品は多くが
映画やTVドラマに
なっているが、

その中でも特にピュアな作品。

最近では「全裸監督」などで
異才を放つ山田孝之が、

まじめに子育てと
対峙する父を演じる。

脇は、いつも本当に
存在感の高い川栄李奈や、
広末涼子国村隼
余貴美子などが
がっちりとスクラム。

また、
子役の田中里念は、
朝のTV小説「エール」で

主人公に意地悪な
ことをするお嬢さんを
演じていたが、うまい。

悪人が一人も
出てこない作品は、

現在公開中の「マザー」と
対局をなす作品だが、

どっちを選ぶかは、
皆さん次第。画像6

 

エンディングテーマは
秦基博の「在る」。
この歌がまた、ぴったり。

ちょっぴり感動で
涙したい方には
お薦めする作品。

父と娘の10年間を見て、
さわやかに感動したい方には、
王道の一作。

子育てが終わった方が
夫婦で見るにも適しています。

「ステップ」とは、
もちろん一歩一歩進む
という意味もあるし、

本作では「Step father(義父)」
の意味もあったようです。

健一の義父は国村隼人が、
そして、娘にとっては
広末涼子が義母となりました。

画像3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。