「コップ・カー」のあらすじとネタバレ?!パトカ―を盗んだ子供が巻き込まれるクライム・サスペンス。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

画像5

「コップ・カー」
DVD鑑賞(PG-12)
2016年4月9日公開(88分)

パトカ―を盗んだ
子供が巻き込まれる
クライム・サスペンス。

コロラドの田舎町。

家出中の少年トラヴィス
ジェームズ・フリードソン
=ジャクソン)とハリソン
ヘイズ・ウェルフォード)は
野原を歩いていたとき、

無人のパトカー
(コップ・カー)を見つける。

二人は面白半分に乗り回し、
車内で見つけた
銃や防弾チョッキで
遊んでいたところ、

車を盗まれたことに
気付いた持ち主の
保安官ミッチ・クレッツァー
ケヴィン・ベーコン)から
無線の警告が入る。

その異様な口調に
驚いた少年たちは、

やがて車のトランクに
隠された秘密に気付き、
開けてしまう。。。。。

画像2

非常にシンプルで
登場人物の少ない
シチュエーションムービー。

出てくる人は極悪保安官、
トランクの男、子供二人、

それに目撃した婦人と、
いずれも愚かな行動をとる。

主演は、
「フットルース」で、
脚光を浴び、

恋愛ドラマから悪役まで
幅広くこなす、
ケヴィン・ベーコン

画像8

彼が製作総指揮も務め、
よほど脚本にも
惚れたのでしょう。

クライマックスで、
もう一つくらい
エピソードが欲しく、
あっさりと終わった感じ。

終わった後、
畑の中で風車だけが
回っている虚無的な
感じはいいが、

彼の出演作品の中では、
佳作としか言いようがない。

全体的に説明不足で、
見た後に
何も残らない系の映画。

子供たちの家出の理由、
保安官が人殺しをする理由
などで厚みをつけて欲しかった。

ケヴィン・ファンにのみ
お薦めする
アメリカらしい作品。

画像3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。