「DIVOC-12」のあらすじとネタバレ?!コロナで創作機会を失った監督らを支援する12のオムニバス映画。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像4

「DIVOC-12」
2021年10月1日公開(129分)

コロナで創作機会を
失った監督らを
支援する12の
オムニバス映画。

喪失感を喪失感を
抱えて生きる男
(横浜流星)は
アンナという
女性に出会い、

二人で時空を
超えた旅に出る
(『名もなき一篇・アンナ』)。

中学生のカケルは
ミニシアターで
映画の上映時刻を待つ間、

「閉館のお知らせ」
の貼り紙を
見つめていた。

そこへスタッフの
ユメミ(松本穂香)が現れ、

自身の波乱に満ちた
半生を話し始める
(『ユメミの半生』)。

75歳の一人暮らしの
女性・冬海(富司純子)は、

偶然出会った青年
・歩(藤原季節)から
訳ありな仕事に
誘われる。

怪しいと警戒しつつも
今後の生活の
不安を考えて承諾し、

彼と共に仕事へ向かう
(『よろこびのうた
Ode to Joy』)。。。。

画像6

COVIDを
逆さ読みしてDIVOC。

それに12本の
短編を入れたので、
DIVOC-12。

バラバラで
つながりのない
作品群だが、

映像表現の
機会を失った
監督や俳優、

裏方への支援
という点は認めるが、

やはり
12個x10分程度の
お題は詰め込み過ぎ。

もちろん、
面白い作品は
いくつかあった。

「カメ止め」の
上田慎一郎監督の
「ユメミの半生」は、

彼女の半生を
見せながら、

映画の歴史を
なぞる作品。

画像9

「死霊軍団」は
清野菜名の
アクションが光る
ゾンビもの。

「魔女のニーナ」も、
印象に残った。

静かな作品では、
石橋静河の「流民」や、

蒔田彩珠の
「Yen」なども、
うまく俳優を使っていた。

10分で表現する
短編の難しさはあるが、

中途半端に
終わった作品は、

30分~1時間の作品で、
中長編にする機会も
与えられるといいし、

面白かった奴は、
長編焼き直しも
作って欲しい。

要望はいろいろあるが、
コロナもそろそろ
落ち着いてきたし、

映画界もいつまでも
嘆くのではなく、

いい作品で観客を
劇場にもどしてほしい。

ほかにも、
映画好きが好きな
俳優たちがたくさん
出ているので、

やはり映画界支援の
意味を込めて、
劇場でご覧ください。

あなたのテーストに
あった作品も
必ずあります。

画像7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。