「グッドフェローズ」のあらすじとネタバレ?!M.スコセッシ監督による実話マフィア映画の秀作。

この記事は2分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

3

「グッドフェローズ」
1990年10月19日公開(145分)
午前10時の映画祭

M.スコセッシ監督
による実話
マフィア映画の秀作。

ニューヨークの
下町ブルックリンで
生まれたヘンリー
レイ・リオッタ)は、

幼い頃から
マフィアに憧れて育つ。

1950年代。

地元を牛耳る
ポーリーの下で
働き始めた彼は、

兄貴分のジミー
(ロバート・デ・ニーロ)
や野心旺盛なトミー
ジョー・ぺシ
らと犯罪を重ね、

組織内での
地位を高めていく。

そして
1978年、

一味はケネディ国際空港の
ルフトハンザ航空の
現金輸送を襲撃し、

600万ドルの
強奪に成功。

FBIの捜査の
手が迫る中、

ジミーらは
口封じのため
事件の関係者を
次々と殺害していく。。。。。

1

デ・ニーロが主役でない、
スコセッシ監督の
珍しい映画。

ヘンリー・ヒルの
約30年に渡る半生を
伝記的に描くが、

仲間であろうと
容赦しない現実が
描かれている。

特に、
ジョー・ぺシ
迫力ある演技は、

アカデミー賞
助演賞受賞で
見ごたえある。

また、
家族の物語も
組み込まれており、

普通の女性が
極妻に変貌していく
ところなども面白い。

「ゴッドファーザー」
などギャングものが
好きな方なら
大変楽しめる
テンポの良さも。

5

さらに、
音楽も「マイ・ウエイ」
をはじめ当時の
ヒット曲がかかるので、

音楽好きにも
お薦めしたい。

原題は
「Goodfellas」と
「Good fellow」
ではない。

マフィアの隠語で、
「自分と同じ組織の
所属にある者」
ということらしい。

ヴェネツィア映画祭
銀獅子賞をはじめ
数々の栄誉に輝く作品は、

伊シチリア系2世の
監督にとっては、

マフィアを
描くことが
宿命だったと
思わせる作品。

最近作の
「アイリッシュマン」
と比べてみるのも
面白いかも。

超お薦めします。

6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。