「マトリックス レザレクションズ」のあらすじとネタバレ?!SFアクション映画に革命を起こした作品の続編。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「マトリックス
レザレクションズ」

2021年12月17日公開(148分)

SFアクション映画に
革命を起こした
「マトリックス」の続編。

死んだはずのネオ
(キアヌ・リーヴス)は、

サンフランシスコで、
ゲームデザイナーとして、

かつてゲーム
「マトリックス」
シリーズをヒットさせた

トーマス・アンダーソン
として生活している。

しかし、
自分の生きている
世界に違和感を覚え、

やがてネオとして
覚醒する。

そして、
マトリックス
(AIが作った仮想空間)
にとらわれている

トリニティー
キャリー・アン・モス
を救出するため、

さらには
人類を救うため、

マトリックスと
再び戦うべく立ち上がる。。。。。

3

その映像美と
難解なストーリーで、

20年前に爆発的な
ヒットを飛ばした
作品が戻ってきた。

過去の作品の
名場面を散りばめ、

かつてのファンには
懐かしく、

また初めて見る人にも
楽しめる、

それなりの
アクション大作
となっている。

ただし、

20年前の衝撃は、
現在の映像技術
をもってしても、

出すことは
できていなかった。

今回も難解な
展開なので、

筆者も100%
理解している
わけではないが、

救世主として復活
(レザレクション)し、

世界を支配している
AIと戦う。

4

かつて
「マトリックス」
シリーズが主導した
奇想天外な
アクションは、

その後の映画に
大きな影響を及ぼしたが、

今回は、その延長上で、
ある意味固いが、
冒険はしていなかった。

監督は
オリジナルを踏襲し、

ウォシャウスキー姉妹の
姉ラナ・ウォシャウスキー
(元は兄弟だったが、
性転換し、今は姉妹)。

元々、硬派のSFだったが、
今回は、子供に受けそうな
「トランスフォーマー」的
ロボットや、

磁気人間などは
不要だった。

ただ、
仮想空間のTokyoが
出てきたり、

武闘の部屋も日本的で、
日本人としては
嬉しい場面も。

かつてのファンには
辛口評価覚悟で
作った作品は、

最近のSFアクションを
見てない方には
丁度いい作品。

また、
続編も出てくるような予感。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。