「とんび」のあらすじとネタバレ?!重松清の小説を映画化した人情ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「とんび」
2022年4月8日(139分)

何度もドラマ化された
重松清の小説を
映画化した
人情ドラマ。

昭和37年。

瀬戸内海に面した
備後市で運送業に就く
ヤス(阿部寛)は、

妻・美佐子(麻生久美子)の
妊娠に喜ぶ。

幼いころに両親と
離別したヤスにとって
息子・アキラ
(後に北村匠)の

誕生にこの上ない
喜びを感じるが、

美佐子が
事故死してしまう。

姉貴分のたえ子
(薬師丸ひろ子)や
幼なじみの照雲(安田顕)

和尚の海雲(麿赤兒)などに
支えられながら、
アキラを育てるヤス。

ある日、
誰もが口を閉ざしていた
母の死の真相を
知りたがる息子に、

ヤスはある嘘を
ついてしまう。。。。。

3

昭和の頑固おやじを
阿部ちゃんが演じる
大味なドラマ。

安田顕大島優子
濱田岳らで
脇を固めたが、

やはり素材は
ドラマ向きで、

映画では詰め込み過ぎ
だと感じた。

もちろん、
悪い作品ではないが、

号泣必須みたいな
こともなく、

とんびと鷹の
親子のドラマを
たんたんと見せて
もらった。

監督は「64」
「護られなかった者たちへ」
「菊とギロチン」などの
名匠・瀬々敬久。

5

昭和30年代ごろの
懐かしい景色や
文化を再現し、

親子鷹の物語に、
息子を持つ親なら
かなり気持ちが
入る作品。

広島や岡山の
出身の人なら、

その言葉を聴くだけで
もたまらない作品は、
是非お勧めしたい。

公開からわずか
数週間なのに、

どの劇場も1日1回の
上映となり、

昭和は本当に
遠くになったなぁ
という感じで、
ちょっと寂しい。

ラストにかかる
ゆずの
「風信子(ヒヤシンス)」
も心に残るいい楽曲。

親と子の絆
を描く作品は、

子供を持つ
親御さんなら、

いろんなことを
思い出しそう。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。