「ウィンチェスターハウス:アメリカで最も呪われた屋敷」のあらすじと感想は?実話ベースのホラー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ウィンチェスターハウス
  アメリカで最も呪われた屋敷」
 2018年6月29日公開(99分)

実在の幽霊屋敷
ウィンチェスターハウスを
舞台にした実話ベースのホラー。

銃の開発によって
膨大な富を築き上げた
ウィンチェスター
一族の女性で、

娘と夫に先立たれ
たサラ(ヘレン・ミレン)は、

2

霊媒師の助言で、
銃で死んだ人々の怨霊から
身を守るため24時間365日、

とりつかれたように
屋敷の増改築を
繰り返していた。

狂気にとらわれたサラを診察しに
屋敷を訪れた精神科医の
エリック(ジェイソン・クラーク)は、
ある部屋に違和感を抱く。。。。。

3

4

サンノゼに現存する
ウインチェスターハウスは、

この映画の舞台になった当時は
7階建てまでに膨張し、
迷路のようになっていた。

銃で儲けたものの、
後悔の念から気がふれたと
思われたサラを
名優ヘレン・ミレンが演じ、

屋敷にとりついた怨霊が
エリックの周りに現れる。

5

暑い夏に涼しむのに
最高のシチュエーション
・ムービーで鳥肌全開なので、
35度以上の日にご覧ください。

血が出たりはしないので、
レーティングもG、
中学生でも見れます。

尚、同屋敷は
現在も観光地として
オープンしていますので、
行ってみたいですね。

ハロウインや
13日の金曜日は混んでいるとか。

6

7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2
  2. 1
  3. 3
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。