「この道」のあらすじと感想は?北原白秋と山田幸作コンビによる童謡が生まれた時の歴史物語。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「この道」
2019年1月11日公開(105分)

北原白秋と山田幸作
コンビによる童謡が
生まれた時の歴史物語。

大正7年(1918年)、

小田原。
独創的な作風で
天才詩人と称される
北原白秋(大森南朋)は、

児童文学誌「赤い鳥」の
刊行者・鈴木三重吉
(柳沢慎吾)を介して

音楽家の山田耕筰
(AKIRA)と出会う。

当時、
子供たちのための歌が
ドイツ童謡を日本語訳した
ものか伝承のわらべうた
しかなかったため、

鈴木は二人に童謡を
創作するよう持ち掛ける。

彼らは衝突を
繰り返しながらも
お互いの才能を認め、

「からたちの花」
「この道」「待ちぼうけ」
「鐘が鳴ります」などの
童謡を生み出す。。。。

2

女にだらしなく、
姦通罪で収監された
白秋を大森が自由に演じ、

これまでの白秋の
概念を壊してくれた。

天才の2人から歌が
生まれる瞬間の
表現は面白く、

特に「あめふり」の
ピッチピッチちゃっぷちゃっぷ
ランランランのエピソードなど、

脚色とわかっていても、
楽しめる。

3

2人の人物への掘り下げは、
それほどでもないが、

関東大震災や
第2次大戦など、

時代を色濃く反映した
ストーリー展開は、
今の人にも見て欲しい。

震災後に歌が、
人々の心を支えたことは
現代にも通じ、

戦争で自由に歌が
作れなかったことは、

反戦の意味も
込められている。

4

他にも、
与謝野鉄幹晶子夫妻
菊地寛石川啄木
萩原朔太郎室生犀星
高村光太郎ら、

教科書で聞いたことのある
著名作家・詩人が登場し、

彼らの人間関係を
垣間見れるのも興味深い。

ちょっと
詰め込んだ感はあるが、

偉人だと思っていた人も、
愛すべき人間だった
ことがわかり、

気軽に見れる本作は
超お薦めです。

5

出てくる童話は、
日本人なら絶対に
口ずさめるものばかりで、

ノスタルジーに浸れるが、
ラストのかかる
「この道」は
ExileのAtsushiが歌う。

羽田美智子
貫地谷しほり
松本若菜の女性陣にも
光るものがあった。

6

7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。