「ギャング・イン・ニューヨーク」のあらすじと感想は?NYに最後まで君臨したマフィアの実話の映画化。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ギャング・イン・ニューヨーク」
(未体験ゾーンの映画たち2019)
2019年3月22日公開(110分)

NYに最後まで君臨した
マフィアの実話の映画化。

ニューヨークのブロンクス。

1940年。
貧しい家に生まれ育った
イタリア系のジョン・ゴッティ
ジョン・トラボルタ)は、

マフィアの
ガンビーノ一家の一員になる。

麻薬や殺人などさまざまな
犯罪を重ね裏社会で
のし上がった彼は、

ついにボスの
カステラーノを殺して
ドンの座に君臨。

イタリア製の派手な
スーツをまとって率先して
マスコミに顔を出しては
挑発的言動を繰り返し、

FBIから徹底的にマークされる。。。。。。

3

1970年代から成りあがり、
全盛の80年代、

90年の逮捕までを
トラボルタが、
本人になりきり演じた。

マフィア活動だけでなく、
家族のこと、

地域を大事にしたことも
取り上げられ、

彼の逮捕の際は、
逮捕に反対する住民の
暴動が起きている。

2

 

12歳の息子を
交通事故で亡くし、

その運転手は
世間から消されたり、

もう一人の息子を
マフィアには
したくなかったが、

自らやくざの世界に
入ってきた経緯など、

実録エピソードは、
どれも重く、衝撃的。

日本ではあまり
知られていないが、

「ゴッドファザーPart3」に
彼がモデルとなった
マフィアも出ている。

マフィアの栄枯盛衰は
大変ドラマチックで、

お薦めいたします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 3
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。