「いなくなれ、群青」のあらすじと感想?!小説「階段島」を映画化したSF青春群像劇。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「いなくなれ、群青」
2019年9月6日 公開(105分)

小説「階段島」を
映画化したSF青春群像劇。

ある日、
捨てられた人たちの島
・階段島に、

七草(横浜流星)が
突然やってくる。

島を出るには
なくしたものを
見つけなければ
ならなかったが、

疑問さえ抱かなければ
平穏に暮らすことができる。

そんな中七草は、
幼なじみの真辺
(飯豊まりえ)に出会う。

真辺は島から
出るため、

七草たちを巻き込んで
魔女や島の謎を
解明しようとする。。。。。

2

物語を知らないと、
突拍子もない島の設定に、
驚いてしまう。

まるで急に現れた
七草のように。

無くしたものとは
何かを考えながら
見る映画であり、

理解を整理しないと
ついて行けなくなる。

魔女に関する情報も、
ほとんど与えられないので、

この空気感に
堪えられない方には苦痛。

3

今の若者は、
疑問を抱くより
平穏を選ぶと思いきや、

この小説は
大ベストセラーで、

本当は今も、
皆、無くしたものを
探しているのか。

青春ファンタジーと
銘打っているが、
かなり異色の作品。

主演の2人は悪くないが、
もう少し全体の
インパクトがないと、
忘れ去られそうな映画。

原作のタイトルは、
海の色なのか、不明。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 3
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。