「閉鎖病棟-それぞれの朝-」のあらすじと感想?!精神病院の人間模様を描く秀逸なヒューマン・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「閉鎖病棟-それぞれの朝-」
(PG-12)
2019年11月1日公開(117分)

精神病院の人間模様を描く
秀逸なヒューマン・ドラマ。

長野県小諸。

郊外にある精神科病院には、
さまざまな過去を持つ
患者たちが入院していた。

死刑囚だった梶木秀丸
(笑福亭鶴瓶)、

幻聴が原因で暴れるようになり
周囲から煙たがられている
元サラリーマンの
チュウさん(綾野剛)、

不登校のため通院する
高校生の由紀(小松菜奈)ら
患者たちは、

明るく生きていこうとしていた。

ある日、
事件が起こり、
秀丸が同じ病院の
患者を殺してしまう。。。。。

2

冒頭から絞首刑という
ショッキングな映像で始まり、
最後は裁判劇となる。

鶴瓶が殺人犯というのは、
ちょっと無理があったが、

ラストの小松菜奈の演技は、
涙なしには見れなかった。

また、
脇ながら、木野花
小林聡美渋川清彦も印象的。

原作は精神科医で
小説家ということで、
背景も納得。

それぞれの人間がかかえる
事情を2時間に詰め込んだが、

かなり心を動かされた作品。

3

副題のそれぞれの朝は、
同じ病院映画の傑作である
「レナードの朝」を
意識したのか、

「目覚め」を
意味すると理解した。

全体として暗いトーンの
ドラマではあるが、

最後に「朝(目覚め)」が来る、
希望を示してくれた。

監督は「愛を乞う人」で
素晴らしい仕事をした
平山秀幸監督。

超お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。