「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想?!カンヌ映画祭で審査員賞受賞、少年犯罪の衝撃作。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


  • 映画を愛して、映画大好きだからこそ!
    勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
    映画好きな方も、あまり観ない方も
    ご参考までに(*´∀`*)

画像1

 

 

 

「レ・ミゼラブル」
   (フランス)
2020年2月28日公開(104分)

昨年のカンヌ映画祭で
審査員賞を受賞した
少年犯罪の衝撃作。

ヴィクトル・ユーゴーの
小説「レ・ミゼラブル」の
舞台として知られる

パリ郊外の
モンフェルメイユには
低所得者や移民たちが
多く暮らしており、
治安が悪かった。

新たに犯罪防止班に
加わった警察官の
ステファンは、

同僚たちとパトロール
するうちにいくつもの
グループが一触即発の
状態だと気づく。

そんな中、
サーカス団の
子ライオンが盗まれる。。。。。

画像3

冒頭は、
新任警官のいびり映画かと
思っていたが、

小さな事件が
思わぬ方向に進み、

大変な事件へと
発展していく。

作り方が巧妙で、
この治安の悪い町に
引きずり込まれてしまう。

警官、
町を牛耳る連中、

イスラム教徒、難民、
悪ガキども、など
いろんな対立軸があるし、

さらには
警官3人の個性的で、

彼らもそれぞれの
方向を向いている。

画像5

「レ・ミゼラブル」
と言えば、

ミュージカルの傑作を
想像するだろうが、

混沌とした現代の
パリの片隅は、

19世紀末の「ああ無情」
の世界観(パンを盗んだ男が
聖人になるまでの話)よりも

救いのない作品と
なっている。

昨年のカンヌで最後まで
「パラサイト」と最優秀を
争った本作は、

ドキュメンタリー
のようなリアリティーを
持つ力強い作品で、

こういうフランス映画も
見て頂きたい。

長編初監督の
ラジ・リ監督に注目したい。

画像6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。