「不実な女と官能詩人」のあらすじとネタバレ?!実在の詩人と三角関係を描いた官能的ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「不実な女と官能詩人」
(フランス)DVD鑑賞 R-15
2019年11月1日公開(105分)

実在の詩人と三角関係を
描いた官能的ドラマ。

19世紀のパリ。

詩人のジョゼ・マリア
・ド・エレディアの
次女マリーは、

注目株の詩人
ピエール・ルイス
(ニールス・シュネデール)
と恋仲になる。

だが両親は、
ピエールの親友で
マリーを慕う裕福な
貴族出の詩人アンリ
・ド・レニエと
結婚させようとする。

失意のピエールは
アルジェリアで
退廃的な生活を続け、

アンリと結婚した
マリーは味気ない毎日を
過ごしていた。。。。。

画像2

愛を否定する男
ピエールが主人公なので、
邦題はちょっと違う感じ。

原題は「Curiosa」なので、
てっきり「好奇心」
かと思いきや、

官能的な本や写真のことと、
テロップが出てくる。

奇妙な三角関係をを描くが、
モザイクだらけで、

本当はR-18なのかな
と思ってしまう。

画像4

マリーは魅力的な
女優さんが演じており、

ファッションも
素晴らしいが、

「あたしは男の愛し方を
知っている」と言い放つ
アルジェリア人の
ゾーラの方が凄いと
思ったのは筆者だけか?
詩的だが、

身勝手な男女の不倫
・愛人関係を描く映画は、

ピエールのように
セックスの記録帳を
こまめにつけている方に
のみお薦めする。

モザイクだらけの
官能シーンは、
ちょっと退屈。

画像8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 3
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。