「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」のあらすじとネタバレ?!63歳の主婦が新天地を探してとび出す感動作。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ブリット=マリーの
幸せなひとりだち」

(スウェーデン)
2020年7月17日公開(97分)

63歳の主婦が新天地を
探してとび出す感動作。

スウェーデン。

専業主婦ブリット=マリー
(ペルニラ・アウグスト)は、
40年にわたって夫を支えてきた。

ある日、
出張先で夫が倒れたという
知らせを受けて病院に
駆けつけると、
長年の愛人が付き添っていた。

家を出たブリット=マリーは、
これまで旅行も嫌いで
遠出もせず、

外で働いたことがなかったが、
小さな町ボリで
ユースセンターの

管理人兼子供たちの
サッカーチームの
コーチの仕事に就く。。。。。

画像7

原作は2016年公開のほのぼの名作
「幸せなひとりぼっち」の作者で、
スウェーデンで
ベストセラー小説の映画化。

今回はサッカーしたことない
40年のベテラン主婦が無謀にも
サッカーコーチになるお話。

旦那の裏切りに
ブチ切れるわけでもなく、
淡々と職を探し、
旅に出るところがいい。

ボリという町が
スウェーデンでも田舎なのだろう。

画像12

皆が彼女の世話をやき、
素朴な雰囲気に癒された。

クライマックスの
表彰シーンでは、
わかっていて涙が出る。

自分の独り立ちを決めた純朴で、
ちょっと頑固な63歳の
新たな旅立ちを見たい方に
お薦めする。

主演のアウグストは、
どこかで見たなと思ったら、

『スター・ウォーズ』
エピソード1、2でアナキンの母、
シミ・スカイウォーカー役を
演じたスウェーデンの国民的女優。

画像12

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。