「ファーストラヴ」のあらすじとネタバレ?!父親殺害の背景を探る心理士のサスペンス・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像10

「ファーストラヴ」
2021年2月11日公開(119分)

父親殺害の背景を探る
心理士のサスペンス。

アナウンサー志望の
女子大生、

聖山環菜(芳根京子
が父親(板尾創路)を
刺殺する事件が発生。

環菜の
ドキュメンタリー本の
執筆を依頼された
公認心理師の
真壁由紀(北川景子)は、

面会や手紙の
やり取りを重ね、

環菜の周囲の
人々を取材する。

環菜に自身の
過去を重ね合わせた
由紀はやがて、

心の奥底に
しまっていた記憶と
向き合うことになる。。。。。

画像21

直木賞受賞の
原作は未読だが、

出てくる女性が皆、
幼児期に虐待などの
トラウマを受けており、

まともな男は
窪塚洋介扮する
由紀の旦那くらい
だったのは、

原作どおりなのかと
疑いたくなる。

ただ、
展開も含めて、

堤幸彦監督の
展開には引き込まれた。

画像23

主演の北川景子
いろんな顔が
見れたのも良かったが、

何より
芳根京子がうまい。

若干
「動機はそちらで
探してください」

というCMの
セリフが独り歩きした
感はあるが、

サイコを思わせる
女性を巧みに演じた。

共演は他に
中村倫也木村佳乃ら。

心理士の謁見の際に、
二転三転する
証言を述べた
わりには、

法廷では
まともに答え
過ぎるので、

折角の裁判劇が
面白くない作品と
なってしまった。

「ファーストラヴ」の
意味も見る人に
考えて欲しいと
いうことなのか?
判決内容も含めて、

もひとつ
スッキリしない作品だが、

いろんな問題提起を
含んだ社会派
サスペンスや
心理ドラマが好きなら、

見ても損はないかな。

画像9

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。