『バービー』のあらすじとネタバレ⁈ 着せ替え人形「バービー」の世界を映画化したロマンチック•コメディ。

2023年
スポンサーリンク

映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

「バービー」

     字幕版
2023年8月11日公開(114分)

着せ替え人形
「バービー』の世界を
映画化した

ロマンチック
・コメデイ。

ピンクに
彩られた

夢のような世界
「バービーランド」。

そこに暮らす
住民は、

皆が「バービー」
であり、

皆が「ケン」
と呼ばれている。

そんな
バービーランドで、

オシャレ好きな
バービー
マーゴット
・ロビー)は、

ピュアな
ボーイフレンドの

ケン(ライアン
・ゴスリング
と共に、

完璧で
ハッピーな

毎日を
過ごしていた。

ところが
ある日、

彼女の身体に
異変が起こる。

困った彼女は
世界の

秘密を知る
変わり者の

バービー
ケイト
・マッキノン
に導かれ、

ケンと共に
人間の世界へと
旅に出る。

しかし
ロサンゼルスに

たどり着いた
バービーとケンは

人間たちから
好奇の目を
向けられ、

思わぬ
トラブルに
見舞われてしまう。。。。。

SNSで
無責任な
人たちが

原爆と全く
無関係の

「バービー」を
結び付けたため、

制作配給会社が
お詫びをする
という事態に
なったが、

映画は全く
悪くないので、

まずは
見てから

判断して
頂きたい。

ピンクだらけの
世界に
住むのは、

世界的
着せ替え人形
「バービー」であり、

そのおもちゃの
世界観が
再現されている。

住むのは、
人種も多様で、

実際に
発売されている

多くの
「バービー」や
「ケン」達。

玩具「バービー」で
遊んだことの
ある人には

超たまらない
世界が広がり、

毎日が
パーティー。

しかし、
現実世界で
マテル社

(バービーを
製造販売
している
本当の会社)のある

従業員が
考えたことが

「バービー」に
跳ね返ってきて、
問題勃発する。

前半は自虐的で、
ビジュアルを
含め

かなり
楽しめるが、

後半やや
セリフが多く、

フェミニズムを
テーマに

し過ぎた感が
あった。

ただ、
ジェンダー
・ギャップ指数が

世界125位
(146か国中、
2023年統計)の

日本の国民は
全員見るべき
作品だろう。

また、
実在のマテル社を
ディすった所は、
かなり笑える。

本当は
あんなに

男性ばかりの
会社ではない
と思うが。

監督は
筆者の好きな
「レディ・バード」

「ストーリー
・オブ・マイ・ライフ」

などの
グレタ・カーウィグ。

ミュージカル
仕立てで、

音楽も多いが、

オリジナル曲で
耳に残るのは

少なったのは
やや残念。

世界で
大ヒットしている
映画なので、

日本人も
まず見て、

男女平等について
改めて考える
べきだろう。

そういう意味では
おバカな

トイ・ストーリーの
側面だけでなく、

ノスタルジアと
社会性も

バランスの
取れた作品
と言える。

男性は
「トランスフォーマー」
のおもちゃで、

女性は
「バービー」や
「リカちゃん」と共に

大人になった方が
多いのでは?

エンドタイトルでは、
実際の

「バービー」の
着せ替え用の

洋服の数々が
出てくるので、
お見逃しなく。

「シャン・チー/テン
・リングスの伝説」
シム・リウが、

アジア系「ケン」
だったのも面白い。

良かったら、こちらも併せて読んで見て下さい。

「レディ・バード」のあらすじとネタバレ⁈アカデミー賞監督・脚本など6部門にノミネート・青春映画。
映画を愛して、映画大好きだからこそ!勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡ 映画好きな方も、あまり観ない方も ご参考までに(*´∀`*) 「レディ・バード」    PG-12 2018年6月1日公開(94分) 今年の アカデミー賞監督 ...

 

「ストーリー・オブ・マイ・ライフ:わたしの若草物語」のあらすじとネタバレ⁈古典「若草物語」を現代的に映画化。
映画を愛して、映画大好きだからこそ!勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡ 映画好きな方も、あまり観ない方も ご参考までに(*´∀`*) 「ストーリー オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語」 2020年6月12日公開(135分) 何度も...

 

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のあらすじとネタバレ?!マーベルコミックのカンフーアクション超大作。
映画を愛して、映画大好きだからこそ!勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡ 映画好きな方も、あまり観ない方も ご参考までに(*´∀`*) 「シャン・チー/テン ・リングスの伝説」 2021年9月3日公開(132分) マーベルコミックの ...
2023年
スポンサーリンク
rieをフォローする
今も昔も映画が大好き♡~陽だまりの中で徒然なるままに~

コメント

タイトルとURLをコピーしました