「麻雀放浪記2020」のあらすじと感想は?2020年にタイムスリップした雀士を描く前作とは別物映画。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「麻雀放浪記2020」
   (PG12)
2019年4月5日公開(118分)

2020年にタイムスリップした
雀士を描く前作とは
別物のお粗末SF。

1945年の焼土と化した東京から、
2020年にやってきた
ギャンブラーの坊や哲(斎藤工)は、

自分が知っている戦後とは
違った日本を目の当たりにする。

2

第3次世界大戦が勃発し、
敗戦国となった日本は、

東京オリンピックを開催できず、
さまざまな問題を抱えていた。

そんな時代に、
坊や哲が競技としての
麻雀で戦いを挑む。。。。。。

5

ピエール瀧が捕まって、
話題先行の公開となったが、

彼の出番はほんの少しで
公開されたこと自体は、
全くインパクトなし。

というより、
ピエール瀧を使うような
役でもなかった?

奇想天外な発想は買うが、
「孤狼の血」の白石監督
+今一番の俳優・斎藤工
ということで、

わずかに期待したのが、
いけなかった。

3

2020年の東京がチープな
IT都市になっており、

これなら今のままの
延長でも良かったし、

クソ丸役の竹中直人だけが、
ぴったりはまっている以外、
ベッキーも論外だった。

麻雀を知っていれば、
多少、面白いと思うが、

今やほとんどゲームの
仕方も知る人がいない
麻雀がなぜ、

ここまで流行するのか、
背景も欲しかった。

もしかすると、

雀士が描いた夢の
世界なのかも。

笑えないコメディなので、
普通の方への、
お薦めは難しい。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。