「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版Q」のあらすじとネタバレ?!シリーズ4部作の3番目に当たる世紀末SF。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ヱヴァンゲリヲン
新劇場版Q」

2012年11月17日公開(95分)

「ヱヴァ」シリーズ
4部作の3番目に当たる
世紀末SF。

前作『破』終盤で描かれた
「ニアサードインパクト」
から14年後。

葛城ミサトをはじめ
旧NERV職員らは、

反NERV組織「ヴィレ」
を結成し、

NERVのエヴァを
殲滅すべく
活動していた。

ヴィレの旗艦
「AAA ヴンダー」で
目覚めた碇シンジは、
ヴィレのメンバー、

14年経ったミサトや
リツコらと再会するが、

「ニアサードインパクト」
を引き起こした危険人物
として白眼視され、

もうエヴァには
乗らないように
警告される。

NERVのエヴァMark.09が
ヴンダーを急襲し、
シンジを連れ戻そうとする。

Mark.09から
呼びかけるレイの声を
聞いたシンジは、

ミサトたちの警告を
無視してMark.09とともに
NERV本部へ向かう。。。。。。

画像6

TVアニメシリーズから
徐々に物語が外れていき、

シリーズ史上最低評価の
「Q」だが、

冒頭の宇宙戦争から
驚きの映像に引き込まれた。

「破」に多く存在した、
お色気シーンのおふざけも
最小限になり、
予想のつかない展開に。

しかも、
急に14年後に
なっているので、

物語だけが
知りたいだけの人は
置いてきぼりをくらう。

今回、
AAAヴンダーの登場は、

SF造形の好きな方には
たまらないし、

あのコックピットを
見るだけでも、
ドキドキしてしまう。

画像4

まさに「序破急」の
「急」が「Q」と
なったミステリアスな
展開を見せる。

そして、ラストには、
フォースインパクトが
起こり、続きとなる。

普通は、
ヒーローのような
主人公が多いが、

いやいやヱヴァに乗り、
はっきりしない男の子が
主人公で、

この世界観を
描き出すのも凄い。

物語は、
もうどうでもいいので、
さらに凄い映像を
見せて欲しい。

本作を4DXやMX4Dで
見た方からは高評価を
頂いているようで、

この作品は今に
蘇ることで、

新しい設備の劇場で
見るべき映画だろう。

2012年に出たのが、
早すぎた。

ようやく「ヱヴァ」が
面白くなってきた筆者は、
お薦めしたい。

それにしても、
赤のインパクトが強い
映像美には驚かされる。

画像3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 3
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。