「キーパー ある兵士の奇跡」のあらすじとネタバレ?!伝説のゴールキーパーの実話ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像13

 

「キーパー ある兵士の奇跡」
(英独合作)
2020年10月23日公開(119分)

英マンCで活躍した
伝説のゴールキーパーの
実話ドラマ。

1945年、

戦地で捕虜となった
ナチスドイツの兵士
バート・トラウトマン
(デヴィッド・クロス)は
イギリスの収容所に送られる。

収容所内でサッカーを
していた際に地元チームから
ゴールキーパーとして
スカウトされ、

試合で実績を残した彼は
名門サッカークラブ
「マンチェスター・シティFC」
のマネージャーの
目に留まり入団するが、

元敵兵ということで
罵詈雑言を浴びる。

しかし、
愛する家族のために、

トラウトマンは
ゴールを守り抜き、

やがて歴史ある大会で
チームの優勝に貢献する。。。。。

画像10

独バイエルン映画祭で
最優秀作品となったほか、

世界の映画祭で
評価された感動の物語。

第2次大戦直後
という時代に、

敵国選手を入れた
地元の反発や、

ユダヤ人団体からの
誹謗中傷の中、

自分にできる
サッカーを通じて、

人々に感動を与え、
やがて認められる。

画像12

特に、
奥さんマーガレット
フレイア・メーバー
の活躍が、新鮮で素晴らしく、

サッカーを知らない女性の方
でも応援したくなる作品。

1956年のFAカップで、
首を骨折しながらも
最後までプレーし、
MVPとなった場面も再現。

「ボヘミアン・ラプソディー」
同様にウエンブリーアリーナが
舞台となっていた。

悲劇もあり、
波乱万丈な人生だが、

英独の架け橋となった男が
逆境を跳ね返す
ドラマチックな展開を是非、
ご覧ください。

サッカーファンのみならず、
歴史映画好きにも
超お薦めできます。

画像15

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。