「はい、泳げません」のあらすじとネタバレ?!かなづちの哲学教授が再生するまでの人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「はい、泳げません」
2022年6月10日公開(113分)

かなづちの哲学教授が
再生するまでの
人間ドラマ。

大学で哲学を教える
小鳥遊(たかなし)雄司
(長谷川博己)は

水に顔をつけるのも
怖いほどの
カナヅチだった。

あれこれ理屈を
こねては水を
避けてきた彼は、

プールの受付で
薄原静香(綾瀬はるか)に
強引に入会を勧められ、

水泳教室に
通い始める。

コーチの静香に
毎日泳ぎを習いにくる
主婦たちに混じって
練習する中で、

雄司は過去の
さまざまな
出来事を振り返る。。。。。

3

綾瀬はるか主演だし、
タイトルも
コメディタッチなので、

てっきり笑える
お気楽映画かと
思っていたら、

事故で子供を失い、
離婚した男の再生までの
やや重い物語。

悪い話ではないし、
ラストで過去の
トラウマから
解放されるのだが、

やはりそれまでが
重たい。重たすぎる。

長谷川綾瀬
それぞれ、
水と車にトラウマを
かかえる役だが、

その演技が大業すぎて、
笑えないし、
逆に引いてしまった。

笑いと泣ける部分の
バランスの悪さが
際立ち過ぎ。

4

綾瀬の車の
エピソードは
無しにして、

水泳の先生として、
口の立つ哲学の先生を
感性で導く
役どころにすれば、
もっと良かった。

麻生久美子阿部純子ら、
主役級を揃えたのに、

お客さんは
ほとんどいない。

テアトル系列以外での
上映はあっという間に
終わりそう。

水泳教室に行きたい方、
行っている方や、

物事を哲学的に
考える方には
お薦めするが、

綾瀬はるか
水着目的の方は
やめた方がいいでしょう。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。