「トゥルーノース」のあらすじとネタバレ?!北朝鮮の強制収容所の実態を描く強烈な3Dアニメ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像1

 

「トゥルーノース」
(日インドネシア合作)
2021年6月4日公開(94分)

北朝鮮の強制収容所の
実態を描く強烈な
3Dアニメ。

幼い兄妹・ヨハンと
ミヒ、彼らの両親は
在日朝鮮人の帰還事業により
北朝鮮に渡るが、

父が政治犯の容疑で
逮捕され、

母と兄妹は
強制収容所に
収監されてしまう。

寒さが厳しい収容所での
生活は日々の
食事にも事欠き、

母子は極限の状況を
支え合って
生き延びていく。

ある日、
食べ物をめぐる
いざこざによって
母が殺され、

絶望するヨハン
であったが、

母の最期の言葉を
きっかけにわれに返る。。。。。。

画像3

監督の清水ハン英治は、
脱北者たちの
実体験を取材し、

このアニメを
制作したわけだが、

あまりにも悲惨で
無慈悲な内容は、

昨年の秀作「異端の鳥」を
思い出させた。

ただ、
アニメ化することで、

多少、
インパクトは
和らいでいるものの、

この衝撃の事実は、

世界中の人に見て頂きたい
人権侵害のオンパレード。

特に密告を誘発し、
自分が生き残り、

他者を貶める方法は
目を疑うが、
これも事実なのだろう。

ラストに光明を得るが、
10年をかけて製作した
監督の執念を感じる
リアル北朝鮮物語。

画像2

あんな状態でも
人間が生きることが
できるのかと思えるほど
過酷な生活。

日本のバカな
マスコミは芸能や
ゴシップばかり
追いかけないで、
本作を紹介して欲しい。

20年のアヌシー
国際アニメ映画祭で
高評価を得た
強烈なアニメは、

北の将軍様や
熊のプーさんにも
見て頂きたい。

もちろん、
超お薦めだが、

きついのは
覚悟して欲しい。

原題の「True North」は
「北の真実」という
意味だけでなく、

「真北」や「重要な目標」の
意味もある。

世界に北の真実を暴露し、
人としての重要な
指針を示す作品として、

子供たちにも
勇気を持って
見せて頂きたい。

製作した監督、
日本とインドネシアの
関係者に拍手を送りたい傑作。

画像4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
    • ひまわり
    • 2022年 7月8日

    True Northを観て良かったと思います。
    まるで、ナチスの強制収容所での体験を描いたフランクルの「夜と霧」を読んだ時のショックと似ていました。
    おっしゃるように、マスコミは、このような作品を取り上げるべきだと思います。
    制作費が莫大な作品が注目されるような仕組みなのでしょうか!?
    状況は違っても、私たちは「どう生きるべきなのか?」を問われるとても良い作品だと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。