「多十郎殉愛記」のあらすじと感想は?中島貞夫監督が贈るチャンバラ愛の時代劇。

この記事は1分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「多十郎殉愛記」
2019年4月12日公開(93分)

中島貞夫監督が贈る
チャンバラ愛の時代劇。

幕末の京都。

名うての剣豪ながら、
親の借金から逃げて

長州を脱藩した
清川多十郎(高良健吾)は、
無為に生活していた。

ある日多十郎は、
新撰組に押されている
京都見廻組から
襲撃を受ける。

やがて小料理屋の
おかみのおとよ
(多部未華子)や、

国元から上洛してきた
腹違いの弟・数馬(木村了)を
巻き込む死闘へと発展する。。。。。

1

「日本の領主(ドン)」や
「極道の妻たち」の
中島監督が20年ぶりに
メガホンを取った

「殺陣(たて)を存分に見せる」
ための時代劇。

CGではなく、
映画の技術のひとつ
である殺陣は本当に美しく、

それを見せる映画は
少なくなった今、

あえて80代の監督が
チャンバラを撮った。

3

強い眼光をはなつ高良は、
本役に最適であり、
刀を抜く。

そして、
その男を愛する芯のある女を
多部が凛として演じる。

ラスト30分は、
大勢の敵を回しての
チャンバラ大円団。

映画界の伝統を残したい
老監督の気持ちが
乗り移った作品であるが、

殉愛というタイトルとは
少し違うか。

東映とよしもとが組んだ
古ぼけていない時代劇は、

チャンバラ・ファンには
絶対お薦めの作品。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。